ハウスクリーニング作業日報ブログ | 電気代節約エアコンクリーニングと高性能洗剤水あか除去のハウスクリーニング|小島お掃除商会

小島お掃除商会
お問合せフォーム

ブログ

2022年08月29日 [エトセトラ]

雑記(エアコンクリーニングなど)

小島お掃除商会です。
久しぶりの更新になりました。
 去年の一月ごろから私用でバタバタしていたことが片付きましてまたブログの更新に力を入れようと思います(どうぞよろしくお願い申し上げます!)。

ブログの文章の入力はこれまでhtml言語を織り交ぜながら行っておりましたが如何せん入力に時間がかかりすぎてどうしても更新頻度のモチベーションに悪影響が及びまして一年ほど続けておりましたがグーグルの検索順位にも一切好影響がありませんでしたのでやめることにしました。
 単純な文章の入力だけでしたら時間も大幅に短縮できます。
 ちなみにhtml言語(CMSと言うホームページを制作するシステムを運用する際に使うプログラム言語のようなもの)を使用した入力ですと多少省略しながらの説明ですが一節一節の文章に〈P>(Pは本来半角小文字でpと入力するのですがそうしますとコンピュータ言語のため画面上に現れなくなりますので便宜上半角大文字で表記しております。〈〉も。 
 正確に表記しますと< p >の途中のスペースが無い表記。
 これをすべての文章に挟み込みます。膨大な作業量です)という言語のパーツを挟み込むとグーグル頭脳がより文章を理解して評価をしてくれるという触れ込みだったので頑張ってやってみましたがそれまでと検索順位において一 切 違 い が で ま せ  ん  で し た !!(記事を入力するにあたってエンターキーによる普通の改行をすると平たく言いますと文章の区切れが強くなりすぎてグーグルのAIが文章全体の内容を認識理解しずらくなるというので昔のサイト内の記事及びブログ内部の記事文章も含めて全部の記事に行ってました。正に骨折り損のくたびれ儲け。すっげー時間をかけたのに)

〇月×日
ある日テレビを見ていたところ偶然番組表でいろいろなお掃除を扱う番組を見つけましたので拝見しました(2時間枠という超大型番組)。
 大体番組の2時間全部の内で30分位見ました。
 硬貨をさび付いた状態からピカピカにするのはすごいと感心しました。
 個人的にああいった反射系がとても好きなので自分ができない事をできるという映像を見ると勉強になりますね(宇宙刑事ギャバンやニジイロクワガタなどなど)。
 ちなみに当店においてはキッチンシンクの研磨などにおいてはベトコやスパクリームなどのお掃除用研磨剤を基本ベースに使用します。
 この製品は研磨力で言いますとたしか大体やすり研磨の番号で言うと1500番くらいだったと思います(いわゆる仕上げ目という奴です)。
 曇りの少ない状態のシンクで汚れを落とすにはこれのみで十分ですがシンクのコンディションにもよりますがもうちょっと光らせたいと思いましたらアルミナの研磨剤で30000番というのがヤフーショッピング等で販売されてますのでほんの少しこれを混ぜて磨きますとシンクを半鏡面に仕上げることができます(シンク表面がフローライン処理がされておりますとこれも一緒に削り取ってしまいますので磨きすぎは厳禁です)

あと印象に残っているのは店舗のキッチンの換気扇で換気扇の周囲が黒焦げで完全に包み込まれてしまっている状態を見事に復活させてました。
 大したものです。お疲れ様です。
 ああしたコゲの堆積はもう洗剤はいくら吹きかけても表面が固まって浸透していきませんので最初からカワスキ等の道具であらかたハツってしまって残った汚れとコゲに洗剤を噴霧して仕上げ洗浄をするのが近道であり早道ですね。
 コゲは堆積すればするほど層をなして表面はカチカチですが反面汚れの内部は表面よりは状態が柔らかいので最初に物理的にハツって汚れ内部の柔らかい層の断面を露出させてそこに洗剤がかかる様にするとより短時間で効果的に洗剤の成分を浸透させることができるわけです。
 レンジフードのお掃除ではそうした現場がままありますが物理的アプローチと化学的アプローチを適材適所でそれぞれ作用させることが肝要なわけです。
 旅館の浴室掃除の映像はこれは湧き出る温泉の質が良ければ浴場をリフォームフルリニューアルしてしまった方が経営的にもプラスに働くんじゃないかと思いました(清掃の技術についてはまた別の評価ですがそれは置いといて)。
 当店は掃除屋ですが何が何でも汚れが落ちさえすればいいというものでは無いと存じます。
 色々なケースがありますが(お客様の最大利益を考えて)やらない方がマシと考えましたらその旨お伝えしてこちらからキャンセルして帰ってきてしまいます。

あとはうーん出演者さんは面白かったですね。
 現場映像の合間のトークを見る限りカズレーザーさんという方はトークがとても面白くてこの人はこの先芸能人として将来性的に有望株なのではないかと思いました(私のこうした予言、予想は未だかつて的中した試しがありませんが)。
 番組の内容で印象に残っているのは大体こんな感じです。

〇月△日
同業者のパソコンサイトのネットサーフィンをしておりまして比較サイトの口コミで業者さんの失敗談を投稿されていたのを拝読しまして自分自身でも考えさせられた日がありました。
 エアコンクリーニング業者さんに関しての内容の口コミでした。
 誹謗中傷する気は全くありませんのでフェイクを織り交ぜて書かせて頂きますがエアコンに洗剤を噴霧した後のポンプの高圧洗浄の作業時に汚水を流すホースの先端がバケツに入ってなくて床に排水を大量にこぼしてしまったという事が書かれておりました。
 作業の失敗というのは中古の設備を取り扱う場合においてはもうついて回るもので常に破損やミスとの戦いで綱渡りであります。
 これを読んで自分に置き換えて結構深く考えてしまいました。
 誰しも仕事の失敗はあるものですからまあこのケースはケアレスミスで叱られるべき失態のなのですが自分だったらこの状態でどう注意できるだろうか!?、どう収拾を付けられるだろうかと深く考えさせられました。
 当店もエアコンクリーニングを取り扱いますから当然これと同じ高圧洗浄を行います。
 ポンプの高圧ジェット(又はシャワー)をエアコンのアルミフィンにかける時は当然ながらホースがバケツに入っているかを目視で確認しながら高圧洗浄を行います。
 エアコンの高さは現場によってまちまちですので普通にエアコンのホッパー(高圧洗浄時に水が周囲に跳ねるのを防ぐビニールのカバー)を
かけて高さや前後のバケツの位置調整を全くせずに済むケースはほとんど皆無だからです。
 ホッパーのホースがエアコンが高ければ長さが足りなくなりますしエアコンが低い位置に取り付けられていてホースが逆に余る場合は排水がホース内に留まってホースの先端が水の重みでバケツから外れてしまいますからこれを高圧洗浄中は逐一目視でバケツの位置、状況状態をチェックしなければならないのです。
 件の業者さんのケースはおそらく後者でホッパーのホースをバケツに入れたつもりなのが途中で外れてしまっているのに気づかずに延々と作業をしてしまっていたのでしょう。
 こうした場合自分なんかだと人格的に気が小さいので在宅のお仕事でしたら高圧洗浄を行う時は、もうお客さんに立ち会ってもらってバケツに汚水がきちんと入っているか見張りをお願いしてしまいます。
 もちろん自分でも散々注意をするのですがこうしたお客様との共同作業でより良い仕上がりを構築するのはありなのではないかと存じます。
 そうすることでより安価で安全安心なサービスの提供がお客様に対して可能になると考えるからです。
 自分などは作業において常に最良の仕上がりを追求して手抜き的な安全パイは求めておりませんので正直他の業者さんより破損等のミスはもしからしたら多いかもしれません。
 しかしながらそうした失敗の数々は二度と同じミスは繰り返さないという事を肝に銘じながら今では他店にない自分だけの宝物になっているように思えます。
 お風呂場掃除で多少人よりきれいにできるとかよりはこうした事の積み重ねが大事なのかなと思ったりします。
 それでも失敗を通して仕事を体で覚えて心もストレスで痛めつけられますので少しも楽しい事ではありませんがこれが仕事というものだと思いますね。
 とても当店の失敗談コーナーみたいに学芸会気分で和気あいあいと披露できるものではありません。
 なぜなら失敗の経験は企業経営において最も大事な‘企業秘密’だからです。
 本当に問題のある失敗はおいそれと人にはとても話すことができません。
 社会人である限り誰でもそうしたものと心の中で向き合って苦汁をかみしめながら日々の仕事に臨んでいるものだと存じます。
 まあ笑って話せるうちが失敗談というものは花なのかもしれませんね。
 大きな失敗をする事も時にありますがこれを乗り越えて自分の人生で大きなものがつかめると信じて頑張りましょうではありませんか。

東京都、神奈川県のハウスクリーニングは小島お掃除商会まで!

PageTop

小島お掃除商会
お問合せフォーム